無理なく続ける、マラソンにおける初心者の心得TOP > マラソン 初心者 > マラソン練習法

マラソン練習法について

 
【マラソン業界の著名人も推薦DVD】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜
40歳以上に最適な膝の痛みから解放されて、フルマラソンを速く走れるトレーニングがあります。
マラソン業界の著名人も推薦する、元オリンピック選手の現役陸上トレーナーが遂に公開!

 
ウルトラマラソン以上の距離を素人ランナーでも走れる!驚異のマラソン上達法
還暦を迎えた素人ランナーでも、42.195キロをはるかに超える
ウルトラマラソンを膝の痛みに苦しむことなくゴールする走法・トレーニング法とは?

 
マラソントレーニングDVD サミー大塚のマラソン初心者のためのフルマラソン完走プログラム
フルマラソンを完走するには何から始めたらいいのか?
練習メニューもわからないあなたに!
たった週2回、1時間ずつの練習で3ヶ月後に東京マラソンを完走した練習法とは!?

マラソン練習法



【 マラソン練習法の種類 】

1.ペース走
決まった距離を最初から最後まで同じペースで走る練習方法である。

2.ビルドアップ走
ゆっくりしたペースで走り始め体が慣れてきたら少しずつスピードを上げていく走り方である。



【 マラソン練習法のポイント 】

1.歩くことからはじめる。

理由は走ることが基本になりますが、普段、運動していない人がいきなり走っても怪我の元(脹脛の肉離れなど)を起こしてしまうためである。
方法としては最初は30分程度、普通に歩き、違和感がなければ速歩き
に切り替え、キツさがなくなってからジョギングに切り変えていきます。
そうすると、膝や心肺への負担は少なくなるので継続にもつながります。


2.距離より時間を重点に置く。

仕事をしている人もあり、そのような人は1日30分〜60分位しか時間が取れなくなる人もあり、いきなり毎日5kmなどと決めてタイムを縮める練習よりも時間を決めて自然に距離を延ばしていく練習の方が無理もなく長く走れるようになったという実感が湧くためである。


3.トレーニングの継続

走れるようになるにはトレーニングが必要ということは言うまでもないですが、膝や脹脛、足首、踵などを傷めないためにも休養日を設ける必要がありますが、あまり間隔が空いてしまうと元の状態に戻ってしまうので最低でも週2〜3回は継続することが必要です。


4.LSDトレーニング

LSD:Long Slow Distanceの略であり、ゆっくり長時間を走るトレー二ング方法である。
分かりやすく言えば、体に負担をかけないで長時間、自分のペースで走るということですね。


 

マラソン 初心者記事一覧

マラソン 走り方

マラソン 走り方■マラソンにおける走り方のポイント@足運び1:親指、小指、膝の三角形を意識する。2:膝を緩める。3:踵で着地、爪先で...

マラソン練習法

マラソン練習法【 マラソン練習法の種類 】1.ペース走決まった距離を最初から最後まで同じペースで走る練習方法である。2.ビルドアップ走ゆっく...